ホスファチジルセリン いつ飲む

ホスファチジルセリンはいつ飲むのが良いの?効果的な飲み方は?

ホスファチジルセリンはいつ飲む

 

サプリメントはいつ飲むのかによって、効果が変わってくることがあります。

 

薬にいたっては、食前、食間、食後、朝、昼、晩などと指示がでることもありますよね。

 

ホスファチジルセリンはいつ飲むのが良いのでしょう。

 

ホスファチジルセリンはサプリとしても販売されていますが、私たちの普段の食事からも摂取することのできる成分です。

 

いつ飲むかによって、ホスファチジルセリンの効果は変化するのでしょうか。

 

効果的に摂取できるタイミングがあるのならば、知りたいですよね。

 

ホスファチジルセリンはいつ飲むのが良い?

ホスファチジルセリンは私たちの脳に作用する力が大きく、社会的にも取り上げられることの多い認知症やADHDへの効果に期待がよせられています。

 

他にも注意力の向上や、集中力の向上への効果にも期待がもてるため、集中して勉強をしたいという人にも効果的な成分とも言われています。

 

そんなホスファチジルセリンはいつ飲むのが良いのでしょうか。

 

いつ飲むのが良いのか、飲むタイミングは決まっているのでしょうか。

 

ホスファチジルセリンは油で溶けやすい性質をもっているので、食後に飲むのがベストとされています。

 

ホスファジルセリンは油脂性に分類されるので、油をつかった料理の後に摂取するのが望ましいのです。

 

油をつかった料理の後に摂取することで腸内にとどまる時間も長く、1日中効果が維持しやすいのが特徴です。

 

サプリメントや成分によっては、即効性があるものや、短時間のみ効果があるものもありますね。

 

ホスファチジルセリンは、即効性あるというものよりも1日かけて長時間効果を発揮するような成分なので、食前ではなく、食後に飲む方が効果を発揮しやすいとされています。

 

ホスファチジルセリンはどれくらい飲むの?

ホスファチジルセリンは1回につきどれくらい飲んで良いのでしょうか。

 

1日の摂取目安量はあるのでしょうか。

 

薬でもサプリメントでも過剰摂取は大変危険です。

 

ホスファチジルセリンは多く飲んだだけ効果を実感できる成分というわけではなく、毎日継続して飲むことで効果を発揮しやすくなります。

 

そのため摂取量を知り、過剰摂取にならないように摂取をしていきましょう。

 

ホスファチジルセリンは食べ物からも摂取することができますが、その量というのは微々たるものです。

 

効果的に摂取するにはホスファチジルセリンのサプリを飲むことです。

 

ホスファチジルセリンは初めの1、2か月は1日200〜300rが良いとされ、その後は1日100rがベストとされています。

 

ホスファチジルセリン100rは、大豆に換算すると3.3sになります。

 

大豆を毎日3.3s摂ろうとすると、とても大変ですよね。

 

効率よく摂取するためにはサプリメントが有効であることがよくわかりますね。

 

ホスファチジルセリンを1日に500r以上摂取すると、胃腸障害や不眠といったことが起こる可能性があります。

 

また、用途によって摂取量が変わる部分もあり、アルツハイマーなどの予防には100〜200r、脳機能の改善に使用する場合は200〜300rが良いとされています。

 

当たり前ですが、飲んですぐに記憶力が向上したり、アルツハイマーの症状が和らぐものではありません。

 

あくまでも長い目で摂取し、徐々に効果を望むものとして認識しておきましょう。

 

ホスファチジルセリンはいつ飲むのが良いの?効果的な飲み方は?:まとめ

ホスファチジルセリンはいつ飲むのが良いのかを調査してきました。

 

効果的な摂取タイミングは食後ということがわかりましたね。

 

その成分のもつ属性を知ると、どのタイミングで飲むのが効果的なのかということがわかります。

 

せっかくの成分を逃すことなく効果的なタイミングを狙って摂取すると、効果を感じられるのも早いかもしれません。

 

また飲むタイミングを決めておくと飲み忘れ防止にもなるので良いですね。