コドミン 対象年齢

コドミンの対象年齢が知りたい!何歳から飲めるの?

コドミンの対象年齢とは

 

現代社会においてサプリメントの存在というのは非常に大きいですよね。

 

食生活において栄養が偏りがちになってしまっている方の強い味方でもあります。

 

サプリメントを飲んでいれば食生活が乱れていても良いというわけではなく、あくまでも生活のサポートをしてくれるアイテムとして使用するようにしなければなりません。

 

他にも、病気の症状と同様のものを薬ではなくサプリメントで改善させるような使い方もできますね。

 

私はよく膀胱炎になるので、膀胱炎を予防するために有効な成分をサプリで摂取しています。

 

私のように予防と言った意味合いで、効果的な成分をサプリで摂っている方もいると思います。

 

コドミンは「落ち着きがない」というADHDの症状をもつ子供に効果的とされています。

 

予防といった意味合いとは少々異なり、落ち着きがないという症状を緩和し、サポートをする役割をもっています。

 

そんなコドミンの対象年齢はあるのでしょうか。

 

サプリメントはどうしても大人が飲むものというイメージが強いこと、効能によっては対象年齢があるものもあります。

 

はたしてコドミンの対象年齢は何歳からなのでしょうか。

 

コドミンの対象年齢は?

コドミンには対象年齢が存在するのでしょうか。

 

コドミンはサプリメントなので、食品の扱いとなります。

 

そのため、「絶対に○歳からじゃないとダメ!」ということはありません。

 

しかし歯が生えないくらい小さな子供に飲ませるのは避けましょう。

 

目安としては歯が生え揃う年齢、幼稚園、保育園に入園する頃です。

 

というのもコドミンが効果的なのは、

  • 落ち着きがなく、目が離せない
  • 何度注意しても効果なし
  • 朝起こすことに苦労する
  • いつも周りに迷惑をかけがち
  • ほかの子と少し違う気がする

 

といった悩みを持つ子に有効とされているからです。

 

乳幼児ではこれらの症状が顕著にでることはなく、症状がでやすいのは3、4歳、そして小学校入学時の6、7歳なのです。

 

そのため小さい子でも3歳からということになりますね。

 

コドミンはラムネ味で、噛み砕いて飲むタイプのサプリメントになるので、ラムネのようにぼりぼりと食べることができます。

 

そういった面から見ても、歯が生えそろってからが有効であることがわかります。

 

対象年齢は3歳からというのを目安として覚えておくのが良いでしょう。

 

対象年齢の上限というのは特になく、3歳以上の錠剤を飲むことができる年齢であれば問題はなさそうです。

 

コドミンの対象者は

コドミンの対象者は、子供です。

 

落ち着きがないことが目立ち、ほかの子とは少し様子が違うかも…という子に有効とされますが、この症状はADHDに多くある症状です。

 

病院で診断されない限り、ADHDだという確実な判断はしにくいもので、身近にいる保護者でさえ気付かないこともよくあるのです。

 

特に小さい子だと遊びまわっているのが普通で、「うちの子に比べて○○くんは、おとなしいなあ」と自分の子を疑うことがないというケースもあります。

 

自分の子供と遊んでいる子が騒がしい子ばかりだったりすると、なおさら疑うことがないかもしれませんね。

 

しかし、保護者が気付かなくても幼稚園や学校の先生が気付くこともあり、先生から見る状況と保護者が見える状況には差があることがわかります。

 

「みんなはできるのに自分はできないのはなんでだろう」と辛く感じてしまうのは、本人です。

 

本人には対処法がわからず、それを教えてくれる人がいないことも多く、「なんでちゃんとできないの?」と怒られる対象にもなってしまいます。

 

そんなのは辛すぎますよね…自己申告というのはなかなかできないものであり、まして小さい子にはできるはずがありません。

 

周りにいる大人が気にかけるだけでも子供は救われ、こうしたコドミンのようなサプリメントを摂取することだってできるのです。

 

コドミンの対象者は子供ですが、大人が気にかけサポートをしてあげるものなので、大人と子供両者にとって有効的なサプリメントということですね。

 

コドミンの対象年齢が知りたい!何歳から飲めるの?:まとめ

コドミンの対象年齢は3歳以上であるということがわかりました。

 

噛んで飲めるサプリメントですが、子供が飲むときは万全をきして、水を用意してサポートをしてあげるようにしましょう。

 

また、3歳とされてはいますが、錠剤を飲めるかどうかというのがポイントとなるので、子供の様子に合わせて摂取させるようにしましょう。

 

どんな成分が入っているのかなどは、公式サイトからチェックをしてみてください。