コドミン 1日何粒

コドミンは1日何粒飲むのが正解!?どう飲むの?

コドミンは一日何粒飲むべき?

 

子供の頃、親に注意されるまでお菓子を食べていたという経験はありませんか?

 

子供からすると、適量というのがわからず、食べられるだけ食べてお腹がいっぱいになったら終わりとすることが多いと思います。

 

そのため、サプリを子供自身に飲ませると、そのサプリがおいしければ飲み続けてしまうかもしれません。

 

サプリは健康食品に分類されますが、それでも1日何粒飲んで良いのかは決まっているものです。

 

コドミンは子供向けに作られたサプリであり、ラムネ味でできているので、好きな子はとても好きな味にあたるでしょう。

 

ラムネっぽくてお菓子感覚で飲ませることができるので、薬などを嫌がる子にはお菓子だと言い聞かせやすいとも思いますが、逆を言うとしっかり監視していないと必要以上に飲んでしまうこともあるかもしれません。

 

では一体コドミンは1日何粒飲むのが適量なのでしょうか。

 

1日何粒飲むかによって、効果に差が出ることはあるのでしょうか。

 

飲みすぎて危険なことはあるのでしょうか。

 

コドミンは1日何粒飲むのが良いの?

ではコドミンは1日何粒飲むのが正解なのかを見ていきましょう。

 

コドミンの適量は1日に1〜2粒とされています。

 

コドミンは1袋で30粒、1ヵ月分とされているので1日1粒で1ヵ月分ということになりますね。

 

コドミンの中にはホスファチジルセリンという成分が含まれ、この成分が落ち着きや集中力をサポートしてくれるのです。

 

コドミンは1粒にホスファチジルセリンが100r配合されているので、1粒でも十分効果的なわけです。

 

またコドミンは食品にあたるので、飲む時間などの決まりも特にありませんが、飲んだことを忘れないように子供と時間を決めて飲む方が確実でしょう。

 

コドミンは1日に3粒以上飲んでも問題ないとされていますが、消費量が早くなることと、1日に多く飲むことよりも継続して飲むことを重視した方が効果があるとされるので、量よりも習慣化を重視した方が良いようです。

 

コドミンは1日何粒飲むかによって効果に差がでるわけでなさそうですが、初めの1ヵ月程度は1日3粒と多めに飲むことも公式にて推奨されているので、子供の様子をみながら量を調整するのが良いでしょう。

 

どう飲めばよい?

コドミンはラムネ味で、飲みやすいと評判のサプリです。

 

サプリは噛まずに水で飲むタイプのものが多いですが、コドミンは噛んで飲むタイプです。

 

子供が飲むものなので丸飲みするものよりも、噛んで流せるものの方が安心ですよね。

 

私自身も噛んで摂取するタイプのサプリを長く愛用していましたが、ラムネ感覚でポリポリと食べられるので、サプリを摂取するのが楽しみでした。

 

ラムネ味が苦手な子供もいると思うので、味が選べたらもっと良いのになと思う保護者も多いかもしれませんね。

 

コドミンは飲む時間が決まっていない自由に飲むことができるサプリなので、子供が嫌がらない時間を選んで飲ませてあげるのが良いですね。

 

ただお菓子だと偽ってあげると、自分から勝手に飲んでしまうことがあるかもしれません。

 

いくら1日何粒飲んでも良いといっても、大量摂取はよくありません。

 

サプリ自体の管理はしっかりと親がするようにした方が良いでしょう。

 

またコドミンの成分の中には甘味料が含まれています。

 

この甘味料が有毒だと考える人もいるので、コドミンの中にも含まれているということをおさえておきましょう。

 

カロリーを摂取する際にこの人工甘味料が使用されることが多く、砂糖の約200倍の甘みを持つことでダイエット飲料やサプリに使用されることも多いのですがその効果に警鐘を鳴らすひともいます。

 

子供に与えるものだからこそ、安心してそして安全に飲ませたいですよね。

 

コドミンは1日何粒飲むのが正解!?どう飲むの?:まとめ

コドミンは1日何粒飲むのが正解かというのは、1日1〜2粒とされていることがわかりました。

 

3粒飲んでも良いとも言われていますが、配合されている成分をよく確認して飲む必要がありそうです。

 

コドミンに含まれる成分は公式サイトにも記載されているので、よくチェックを。