PR

25時という表現の秘密:実は深夜1時のこと

1時(13時)を指している時計 生活

インターネット上のニュースやテレビの番組表で「25時から放送」というフレーズを目にすることがありますね。「25時って一体何時なんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

私もかつては、「25時や27時とは具体的にどの時間を指しているのか?」と戸惑いました。

現在ではこの表現に慣れましたが、最初に聞いたときはその意味がさっぱりわかりませんでした。

そこで、この「25時」という不思議な時間表記について、どういう意味なのか、そしてどうしてそう表記されるのかを掘り下げてみましょう。

「25時」とは具体的にどの時間を指し、なぜそう表記されるのか?

上述の通り、「25時」とは実は深夜1時のことを言います。

深夜0時が24時として知られていますが、25時はそれほど一般的ではないかもしれません。

私たちの日常生活では、一日を24時間として捉えるのが普通です。

23時に一日が終わり、0時、1時、2時と時間が進んでいき、日付が変わると新しい一日が始まります。

ほとんどの人がこの24時間制を用いていますが、夜勤など特定の職種では12時間制を採用していることもあります。

この場合、時間の区切り方が0時から11時、12時から23時となります。

「25時」や「26時」といった表現は、特に放送業界など特定の分野でよく使われます。

テレビやラジオの世界では一般的な言い方です。

私自身、日常生活でこの表現を使うことはほとんどありませんが、25時が深夜1時を意味すると知ってからは、理解するのが容易になりました。

日常的に使うことは少なくとも、知っておくと便利な知識です。

深夜時間の理解:「26時」「27時」の意味は?

一般的に、午前0時は「24時」と呼ばれることが多いですね。

この点を理解すれば、深夜の時間計算は意外と簡単になります。

24時の後に来るのは25時ですから、これはつまり1時を指します。

それに続き、26時が2時、そして27時は深夜3時を意味するわけです。

私自身、これらの時間については時々思い出すのに少し時間がかかります。

特に「27時って何時だったかな?」と迷った時は、24時(深夜0時)から数え直すことがあります。

日常的にはあまり使われないこれらの時間表記ですが、深夜のテレビ番組などで「25時」「26時」といった表記を目にすることがあります。

そんな時に、何時かを改めて計算することがよくあります。

このような特殊な時間表記を覚えておくと、必要な時に役立つことがありますね。

放送業界のユニークな時間枠:1日は何時まで?

放送業界では深夜1時を「25時」と表現するのが一般的ですが、この独特の時間表記がどこまで続くのかは興味深い問題です。

普段私たちが耳にするのはせいぜい深夜3時(27時)までですが、実は放送業界では「30時間制」が採用されていて、午前6時が1日の終わりとされているのです。

これは、午前6時を「30時」として扱い、28時や29時などの時間も存在するということになります。

これらの時間は一般的にはあまり耳にしない表記ですが、放送業界では日常的に使用されています。

私たちの日常生活では深夜に起きていることが少なく、これらの時間を実際に使う機会はほとんどありません。

しかし、放送業界では朝4時や5時から放送される番組もあるため、こうした時間表記が標準となっています。

この特別な時間表記の背景には、混乱を避けるという目的があります。

通常、3時と言われると、それが午前か午後かを区別する必要があります。

しかし、放送業界では24時間制ではなく30時間制を用いることで、このような混乱を防いでいるのです。

まとめ

一部の業界では30時間制を取り入れており、25時や27時といった表現が普通に使われています。

私自身はいつも24時間制を使っているため、このような時間の言い方にはあまり慣れていません。

しかし、さまざまな業界にはそれぞれ独自の特徴があり、それはとても面白いことです。

放送業界をはじめ、深夜勤務が多い業界では30時間制が頻繁に使用されています。

直接使うことはなくても、このような時間の考え方を知っておくと便利ですね。

error: