ホスファチジルセリン 市販

ホスファチジルセリンは市販しているの?種類は?

ホスファチジルセリンは市販されている?

 

高齢化社会が進む中で認知症を患っている人が多いことや、介護が必要な状況なのに人が足りていないことが社会問題としてあげられていますよね。

 

そんな認知症予防としても有効とされるホスファチジルセリン。

 

サプリは、何かの病気を治してくれるものではなく、症状を軽くしたり、予防をしたりといったサポートをする役目が大きいですよね。

 

ホスファチジルセリンは認知症予防や、記憶障害、集中力、落ち着きのなさなどにも効果があるとされているため、近年注目を浴びている成分でもあります。

 

そんなホスファチジルセリンはどのように摂取することができるのでしょうか。

 

サプリとなり市販をしているのでしょうか。

 

ホスファチジルセリンは市販しているの?

ではまずホスファチジルセリンが市販しているのかどうかを見ていきましょう。

 

ずばり、ホスファチジルセリンはサプリといった形で市販されています。

 

ホスファチジルセリンは食材からも摂取することができますが、効率よく摂取するにはサプリが有効です。

 

ホスファチジルセリンのサプリは、“ホスファチジルセリン”と商品名に使用されていることもあれば、原材料名にのみ記載されていることもあります。

 

市販しているホスファチジルセリンはどのようなものがあるのかを見てみましょう。

 

ショッピングサイトのAmazonにてホスファチジルセリンサプリを検索してみると、実に44件のヒットがあります。

 

しかしこの中には、市販はしておらず通販のみのサプリも含まれています。

 

商品名にホスファチジルセリンと入っているものもあれば、商品名には入っていないものもあります。

 

市販しているホスファチジルセリンのサプリで人気の商品をいくつか見ていきましょう。

 

市販のホスファチジルセリンの人気サプリ

ネット販売のみのサプリが多い中で、市販しているものだと近所の薬局などで購入できるのが嬉しいですよね。

 

DHC PS(ホスファチジルセリン)

DHCのサプリは種類が豊富なので、摂りいれたことのある方も多いかもしれません。

 

DHCのホスファチジルセリンは1日2粒でホスファチジルセリンを110r摂取することができます。

 

その他にもDHA140r、EPA18rといった、人の体内では作ることの出来ないもので脳への効果を発揮するとされる強力な成分が配合されています。

 

摂取している方の声は、「頭がすっきりする感じ」「物忘れが減った」「不安感が消えた」といったような効果を感じている方が多くいます。

 

30日分で3000円未満なので、ちょっと試してみたいという方に良いのではないでしょうか。

 

ORIHIRO(オリヒロ) イチョウ葉&DHA

オリヒロのサプリは商品こそ違うものの、ホスファチジルセリンが含まれています。

 

2粒中の主な成分は、商品名にあるようにイチョウ葉エキス120r、DHA含有精製魚油200r(DHA80r含有)となります。

 

その中にPS(ホスファチジルセリン)が10r配合されています。

 

ホスファチジルセリンの1日の摂取量は100〜300rが目安とされているので、それに比べると若干少なくはありますが、それでも食材から摂取するよりも規則的に摂取できるでしょう。

 

ナチュレサプリメント DHA&EPA

こちらの商品は、通販もしくは百貨店にて販売されているサプリです。

 

なんと日本で唯一の酸素に触れないカプセルを使用し、酸化を防止しています。

 

1日3カプセル飲むだけで、DHAはマグロ寿司に換算すると22貫分、EPAは55貫分、ホスファチジルセリンは大豆600粒分、レシチンは大豆295粒分と高濃度配合となっています。

 

ホスファチジルセリンは120r摂取することができるので、1日の摂取量としても十分ですね。

 

添加物が入っていないというのも嬉しく、百貨店ならではのプレミア感漂うサプリとなっています。

 

ホスファチジルセリンは市販しているの?種類は?:まとめ

ホスファチジルセリンはサプリとして市販されています。

 

通販のみの商品も多いですが、市販しているサプリもちゃんと存在しています。

 

市販で手にできるというのはすぐに試してみたいという方の強い味方ですよね。

 

今回は3種類をご紹介しましたが、商品名に記載されていなくても、原材料名をチェックしてみるとホスファチジルセリンが配合されていることもあるので、チェックしてみてくださいね。