ホスファチジルセリン 眠くなる

ホスファチジルセリンを摂取すると眠くなるって本当?

ホスファチジルセリンは眠くなる?

 

どんな副作用がでるかというのは、飲んでみないとわからないという部分もありますよね。

 

個人によってアレルギー反応は異なりますし、副作用の差もあるものです。

 

ホスファチジルセリンは眠くなるという噂は本当なのでしょうか。

 

割合としては薬の方が副作用が現れる確率は高いと思いますが、サプリに関しても副作用が現れることはあります。

 

ホスファチジルセリンで眠くなるという症状が現れたのであれば、それも立派な副作用にあたりますね。

 

はたしてホスファチジルセリンを飲んで眠くなるということはあるのでしょうか。

 

副作用がでることはあるのでしょうか。

 

ホスファチジルセリンは眠くなる?

ホスファチジルセリンで眠くなるという噂は本当なのでしょうか。

 

ホスファチジルセリンの愛用者の口コミからチェックしていきます。

 

ホスファチジルセリンは飲んで眠くなるというよりも、「眠くなりにくくなった」という声の方が多く見受けられます。

 

ホスファチジルセリンは脳の機能に作用するので、脳に栄養がいきわたり脳に糖分が運ばれることで、眠くなりにくくなっているのではないかと言われています。

 

実際にホスファチジルセリンを飲んで眠くなりにくくなったという人は多く、それによって集中力が増すといった効果も感じられるようになっています。

 

仕事中にどうしても眠くなることが多いという方、眠気防止のためにカフェインを摂取する機会が多いという方にとってはホスファチジルセリンの効果は抜群のようで、ホスファチジルセリンを飲んでいる時は頭がさえ眠くなりにくいようです。

 

日中の眠気に対してカフェインを摂取している方も多いですが、カフェインを摂取しているとどうしても癖になってしまうことや、胃にも刺激があることを考えると、サプリで栄養素をプラスして眠気防止効果に期待をもつ方が良いかもしれませんね。

 

ホスファチジルセリンの副作用は?

ではホスファチジルセリンには副作用はあるのでしょうか。

 

ホスファチジルセリンで副作用とみられる症状が起こる場合は、過剰摂取をしてしまったときです。

 

通常1日の摂取目安量は100r〜300rです。

 

体質によって摂取量を調整することも大事ですが、300rを超えて摂取することはないようにしましょう。

 

ホスファチジルセリンを過剰摂取してしまうと、不眠や胃腸障害といったことが起きてしまう可能性もあります。

 

眠くなるというよりも、眠くなりにくくなったという方が多いように、ホスファチジルセリンは眠気防止にも効果があるようですが、多く摂取してしまうと眠りたいときも眠れなくなるという事態に陥ってしまうようです。

 

またホスファチジルセリンは大豆を含むため、大豆にアレルギーを持っている方は要注意です。

 

また抗コリンエステラーゼ薬、抗コリン薬と併用して摂取すると、相互作用が働く可能性があります。

 

よく“薬の飲み合わせ注意”などと記載があったり、医者から言われることがあると思いますが、上記2点の薬を服用している方は注意しておきましょう。

 

ホスファチジルセリンはどんな効果があるの?

ホスファチジルセリンは脳の栄養素と呼ばれるくらいなので、脳への効果や期待がもてます。

 

記憶力や注意力、判断力などといった脳の機能を改善、向上するのに有効とされるので、アルツハイマー病の予防や改善にも効果を発揮すると言われています。

 

また子供でも摂取できる成分なので、落ち着きのなさが目立つ子や、「ADHAのような症状があるけれど、薬を飲むのは不安」といった人にも飲んでもらえるものになっています。

 

今他のサプリを摂取していたり、薬を服用しているという方は成分表示に気を付けて摂取するようにしましょう。

 

ホスファチジルセリンを摂取すると眠くなるって本当?:まとめ

ホスファチジルセリンを摂取すると眠くなるという人はほぼ見受けられませんでした。

 

眠くなるというよりも、眠くなりにくいという効果を実感している方が多いので、日中の作業が捗るという声が多くありました。

 

副作用は少ないといっても、過剰摂取をしたり体質によっては合わないこともあるので、自分の調子と合わせて摂取するようにしましょう。